その行為はプライバシーの侵害に当たる当たらない!その内容とは?

親族が扱う携帯電話の内容をかってに見る行為

プライバシーの侵害と言う言葉がありますが、プライバシーの侵害とは個人のプライベートの内容を密かに得ようとする行為ですよ。携帯電話からは、様々な個人情報を把握する事ができますよね。ご両親であれば、子供が誰とお付き合いをされているかが気になる事もありますが、たとえ親族であろうとも子供の人間関係を携帯から密かに調べる行為は侵害に当たる可能性があるため注意が必要ですよ。携帯電話を買い与える場合は、予め内容をチェックする事を同意させて与える事が大切です。念書などを書いておく事もポイントの一つと言えるでしょう。

有名人と出会った内容のネット上公開

たまたま道端で出会った有名人の方を、ネット上で流す行為と言うのはプライバシーの侵害に当たる可能性がありますよ。その情報をネット上に流れる事によって、有名人の方に損害が発生するかもしれないからです。例えば、現在地が分かれば、ファンの人が集まりだし通行人の邪魔になってしまう事も起きてしまいますよね。ここで、通行人に事故などが起きてしまえば訴えられる可能性だってあります。逆の立場になって考えてみれば、どの様な事が良くないのかを知る事が出来ますよ。

浮気不倫捜査の尾行は

浮気不倫の捜査と言うのは、相手のプライベートを把握する行為であり、相手側にとってはプライベートの侵害と思ってしまう事もありますよね。これは、不法行為の確認のための内容であり、犯罪捜査の一つとして認められていますよ。もしも、これが認められなければ法に触れる様な内容を分からない様に行う事が可能になりますよね。ただし、犯罪目的では無く、人間関係を調査する探偵の依頼はプライバシーの侵害に当たる可能性があるため注意が必要と言えるでしょう。

シュレッダーは個人情報や秘密の文章が記載された用紙を細かく裁断する機械で、家庭用から業務用まで様々な種類があります。また、紙だけでなくクレジットカードやDVDディスクの裁断機能付きのものもあります。

シュレッダーのおすすめの更新情報